わき脱毛でワキガが治る?酷くなる?どっち?

女性にとってムダ毛の処理というのは中々に大変なものですが、特に一番目立つ部位としてはわきの箇所があると思います。このわきに関してはカミソリで剃ったりする対処方法の他にも、わき脱毛を思い切ってするという女性も少なくないそうです。

最近だと脱毛サロンなどでも割引サービスなどがあってわき脱毛は手軽になってきましたが、しかしわき脱毛に関して噂にあがることとしてはワキガとの関連性があると思います。口コミなどで見てみるとわき脱毛でワキガが治ったという意見もあれば、ワキガや臭いなどがかえって酷くなったという意見もあり両極端となっています。その原因について簡単に今回は説明していきたいと思います。

ワキガについての知識としてまず知っておきたいのは汗の種類だと思います。汗の種類には二種類のものがあって、一つはエクリン腺から出るものでこちらは全身にくまなくあるものとなっています。そしてもう一つの汗としてはアポクリン腺から出る汗があって、こちらが臭いなどの原因になったりワキガの原因となる汗なのです。

エクリン腺から出る汗は意外にも無臭であるのですが、アポクリン腺から出る汗は脇やデリケートゾーンなどの集中しており、臭いが出る場所となっています。正確に言うとアポクリン腺から出る汗が臭うのではなく、その汗が皮脂や最近などによって分解される時にあの汗やワキガの臭いが出るという仕組みになっています。

さてこのアポクリン線ですが、わきにも多く存在していますが、これがわき脱毛の際のフラッシュやレーザーによって破壊されることは事実でして、それによってワキガが改善するのも確かです。しかし脱毛したことによって汗が流れやすくなってしまうのもまた事実であり、それによって臭いが出やすくなるというケースも存在します。

こういった訳でわき脱毛をするとワキガが改善するということは事実ですが、しかし人によっては汗が流れやすくなり、それによるプレッシャーなどで汗のにおいが強くなってしまう可能性があります。ですがワキガが強くなったりするケースとしては稀なので、ワキガ対策としてもわき脱毛は一定の効果があると言えるでしょう。